お手製インターホンを作りました

マスクと花粉用メガネは必需品です

ご無沙汰しております。
WYRDの豊田です。

2月ごろからずーっと花粉症で苦しんでましたが、やっと最近落ち着いてきました。ほんと辛かった…

地元のかかりつけの耳鼻咽喉科は、この時期待合室にあふれんばかりの花粉症患者が押し寄せるため、待合室で4,5時間待たされ診察は5分という某夢の国もびっくりの混雑ぶりなので、最近は薬局で購入できる要指導医薬品に頼っています。

と、いきなり話が脱線しました。(花粉症で一つ記事がかけそうですが、それはまた別の機会に…)

■ 会社がお引っ越ししました

前回の記事でも報告させていただきましたが、弊社は3月にお引っ越ししました。
(引っ越したと言っても、前のオフィスから徒歩5分程度の距離です。)

新しいオフィスは広くてキレイで大変快適。
ですが、一つ問題がありました。

■ インターホン?なにそれ美味しいの?

新オフィスはエレベータを降りるとすぐにエントランスという構造になっているのですが、そこにはインターホンが無いんです。

来客や宅配業者さんが来ても気づけない

■ 無いなら作りましょう

既製品を置いてもよかったのですが、IoTに取り組んでいる企業としては何かしら自前で用意したいところです。

幸いなことに会社には余っている Raspberry Pi Zero W があったので、これを使わない手はありません。

早速あり合わせのセンサー(人感センサー)を接続し、即席インターホンを作ってみました。

仕組みはラズパイに接続したセンサーが人を検知したら、ペアリングしてあるBluetoothスピーカーからチャイムを流すだけです。(無線接続なのでスピーカーは配線を気にしなくていいのがポイント)

こんなイメージ
小型Bluetoothスピーカー(EWA A106)

これでエントランスに人が来たら、チャイムが流れるようになりました。

■ 誰が通っても鳴るインターホン

とりあえずチャイムが流れることで誰かがエントランスにいることはわかるようになりました。

ただ、当然ですが誰が通ってもチャイムが鳴ります。
自社メンバーが出入りしてもチャイムが鳴るので、そのうち誰も反応しなくなるという事態になりかねません。

■ 改良(その1)

即席とはいえ、やっぱり“人感センサー”で検知する仕様がイケていません。

なので秋月に赴き、追加でパーツ(ボタンスイッチ)を購入。
ボタンを押すことでチャイムが流れるように改良しました。

赤いボタンを押すと音楽が鳴る仕組みに変更

ご覧ください。このいかにも押したくなるボタン。
不思議なことに、これを置いておくだけで多くの人は「とりあえず押してみたくなる」のです。

これで自社メンバーなどがエントランスを通っても、無駄にセンサーが反応することもなくなり、なかなかいい感じになってきました。

■ 改良(その2)

まだ改良の余地があります。

それは「チャイムがオフィス側でしか流れないこと」です。
ボタンを押しても来訪者にはチャイムが聞こえないので、ボタンを連打したり、壊れてると思われてしまいます。

エントランス側には音が聞こえない

この問題を解決するために色々考えた結果、Bluetoothスピーカーの代わりに振動スピーカーを採用することにしました。

振動スピーカーとは

通常のスピーカーのように自前の振動板を振動させるのではなく、貼り付けた物体(ティッシュの箱や、ガラスの板など)を振動させることで音を出すスピーカーです。

つまり壁自体をスピーカーにすることで、オフィスの内外でチャイムを流すことができるようになるわけです。

壁自身をスピーカーに
白い四角形の物体が振動スピーカー
実際にはガラスの枠を振動させている

いかがでしょうか。この素晴らしいソリューション。

■ IoTがどこかに行ってしまった…

ひとまず必要条件を満たし、インターホンは完成しました。

が…最終的に、IoTの感が無いシステムになってしまいました。
(Bluetooth、Wi-Fiを利用していないので、そもそもラズパイを使う理由が無い…)

せっかくインターネットに接続できるので、チャットツールにも通知を流すなど、更なる改良の余地はありそうです。(今後の課題ですね)

■ みなさんも是非ひと押ししませんか?

弊社のエントランスで絶賛稼働中のインターホン。是非ひと押ししにきてください。(どんなチャイムが流れるかは、実際に押してみてのお楽しみです♪)

オフィス移転しました

WYRD大越です。かなり久々の登場です。

WYRD創業から13年、先日5つ目のオフィスに移転しました。

渋谷 私書箱オフィス(6ヶ月)

恵比寿 窓無し 7㎡(1年)

御徒町 窓2面 20㎡(4年)

御徒町 窓3面 75㎡(7年5ヶ月)

御徒町 窓4面115㎡(2019年3月~)

創業時は住所だけの私書箱レンタルオフィスからのスタート。
ゆっくりではありますが徐々に人数も増え会社も成長したなと感じます。

ここ11年はずっと御徒町なわけですが、御徒町にこだわる理由は3つ

・PCパーツや電子部品を調達できる秋葉原が徒歩圏内
・台東区の手厚い融資制度を利用しているので台東区縛りがある
・御徒町を中心に東西南北に結構遠くから通ってる社員多数のためもう動かせない(これが一番大きな理由)

なので、この先のオフィス移転も上野・御徒町・秋葉原あたりが候補になると思います^^;

今回のオフィス移転は過去のオフィス移転と大きく違うところがあって、
実は過去3箇所のオフィス(私書箱オフィス除く)はすべて新築物件だったんです。
なので、1件内覧して即決な感じでオフィス選びにはあまり苦労しませんでした。

今回は希望エリアに新築物件がなかったので気になる物件を片っ端から内覧するも、
実際に見てみるとボロいとか、天井低いとか、トイレが男女共用とか気になる点も多々あって。

やっといい物件見つけたー!と思って申込したら他社に負けるなど、
結局物件を探し始めてから4ヶ月してやっと今の物件に決まりました。

オフィス全体写真
エントランス
リフレッシュスペース

築30年の物件ではありますが、部屋はフルリノベーションされていて会議室、リフレッシュスペースなども設置済み。
外壁、エントランス、エレベータ等も全部総工事なので、ビル全体も部屋も見た目は新築同然な感じです。

きれいで広いオフィスは社員のモチベーションもアップしますし、
採用面でもWYRDで働きたいと思ってもらう大事な要素ですね。

さて、実際の引越し作業ですが、社内で一番暇なのはもちろん私なので、
引越日の1週間前くらいから新オフィスで椅子作ったり、机の搬入したり、OAフロア下に電源這わせたり。

床下にOAタップ這わせます

引越は毎回お願いしてるアート引越センターさんにお願いして9時~15時で終了。
そのあと社員4人で荷ほどき片付けして月曜日から最低限動ける状況にして引越作業完了。
手伝ってくれたメンバーと一緒にお疲れ焼肉!

とりあえず搬入と最低限の荷ほどき完了
お疲れ焼肉の図

翌週の移転営業開始日以降、お祝いの花がたくさん届きエントランスを華やかにして頂きました!
お菓子やお酒もたくさん頂き、みんなで美味しく頂きました!
皆さまありがとうございましたm(_ _)m

お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

台東区ワーク・ライフ・バランス推進企業に認定して頂きました!

 

先日、台東区より
「平成30年度台東区ワーク・ライフ・バランス推進企業」に認定して頂きました!
WYRDは平成28年度にも表彰して頂きましたので今回で2回目の認定となります。

認定分野は「子育て支援/働きやすい職場づくり」の2つです。

 

 

ブログでは、WLB(ワーク・ライフ・バランス)について書かせて頂くのは初めてなので
WYRDのWLBについてほんの少し紹介させて頂きます。

WYRDが取り組みを始めたのは2011年。
社長がWLBについての講演を聞いてきてグっ!!!ときたのがきっかけです。
その翌日に全社員宛にメールで””WLBという文字が入ったメール””が届きました。
今から7年前なのでまだWLBという言葉さえ聞いた事がない社員がほとんどでしたので全員が
「何を言っているんだろう?WLBって何??」というような空気でした。。

手始めに、タスクの見える化やノー残業デイ、会議短縮化(タイマー、ピンポンボタン)等々色々な取組を試してみますが…

どれもうまくいかない。。

ワークとライフのバランスを取るのではなくワークかライフかのどちらかに重点を置いた状態になっていってしまいました。
それでも試行錯誤を繰り返して約2年半やっと自社にあった取組を見つける事ができました。

現在は、
「私用スケジュール公開」「週1回おやつタイム」「在宅勤務導入」「有給休暇取得率目標70%」「ランチMTG」「フレックスタイム」
等を継続して行い、今では社員全員がワークとライフのバランスをうまく取れているのではないかと思っています。

 

少し話が脱線してしまいましたが、
先日の台東区の表彰式では平成30年台東区より新たに認定を受けた企業が7社、更新で認定を受けた企業が弊社含め4社でした。
認定企業の数を見てもWLBが既に当たり前の世の中になってきたんだな~という印象を受けました。

表彰式後には認定企業の皆さんとお話しする時間がありました。
私自身が感じたのは、子育て支援や働きやすい職場づくりについての取組は行いやすいようでそれぞれ色々な取組をしているようでしたが介護となると…まだ直面していないという事もあり、どのような取組をしていったらいいのか分からない。
と不安に思っている方もたくさんいらっしゃいました。

私たちもまだ介護という介護に直面した社員がいなく漠然としていますが、いざという時に慌てないためにも
色々な情報は集めておこうと思っています。

WYRDにとっても今後の大介護時代は大きな課題です。

 

ウィルド社員ブログ「うぃるどん ぶろぐだどん」開設!

ウィルド代表の大越です。

このたび、ウィルド社員ブログをスタートすることとなりました!

ブログタイトルは「うぃるどん ぶろぐだどん」
社員全員から公募し、社員全員で投票して決まったタイトルです^^

ウィルドの多様で個性ある尖ったメンバーが技術ネタはもちろん、自身の得意とする分野や拘りの記事を配信していきたいと思います。

 

記念すべき第1回の投稿は私からウィルドについての紹介を少し。

景気のよかった2006年に設立するも、いきなり2008年にリーマンショックを喰らい倒産寸前の大ピンチ!
技術者派遣業では今後生き残れないと考え、少数精鋭の技術者集団を目指しゼロから立て直しました。
長期的な教育でコツコツ技術力を蓄えて今年で12期目を迎えております。

5年ほど前からRubyでの開発に注力し始め、今では「東京でRubyの開発をお願いできる会社」として知名度もあがり、様々な方面からお声掛け頂ける会社にまで成長しました。

最近ではスタートアップベンチャー企業様向けに技術顧問、上場支援、開発支援として関与したり、
中小企業様向けに売上利益拡大のコンサルティング、Webシステムの導入、
クライアント企業様の開発部隊の技術教育支援と幅広く関与させて頂いております。

 

クライアント様よりよく言われるのは「そんなことよく知ってるね!」
技術的な知見はシステム開発会社として当然ですが、専門業務や雑学的なところまで知見があり驚かれたりします。

ウィルドの「売り」は何といってもメンバーが多種多様であること。
経歴も違ければ、趣味も違う、生きてきた環境も違うので、経験も様々。

一見どこが「売り」なんだと思われるかもしれませんが、個々に得意分野が違うので、様々な業種の方から相談を頂いても誰か1人は得意なメンバーがいます!

適材適所で得意な人間を割り当て、クライアントへの最大パフォーマンスを出していく、それがウィルドスタイルです。

そんなウィルドメンバーの得意分野や拘りをこれから定期的に配信していきますので宜しくお願いします。

ウィルドの多様で個性のある尖ったメンバはこちら

メンバー紹介