台東区ワーク・ライフ・バランス推進企業に認定して頂きました!

 

先日、台東区より
「平成30年度台東区ワーク・ライフ・バランス推進企業」に認定して頂きました!
WYRDは平成28年度にも表彰して頂きましたので今回で2回目の認定となります。

認定分野は「子育て支援/働きやすい職場づくり」の2つです。

 

 

ブログでは、WLB(ワーク・ライフ・バランス)について書かせて頂くのは初めてなので
WYRDのWLBについてほんの少し紹介させて頂きます。

WYRDが取り組みを始めたのは2011年。
社長がWLBについての講演を聞いてきてグっ!!!ときたのがきっかけです。
その翌日に全社員宛にメールで””WLBという文字が入ったメール””が届きました。
今から7年前なのでまだWLBという言葉さえ聞いた事がない社員がほとんどでしたので全員が
「何を言っているんだろう?WLBって何??」というような空気でした。。

手始めに、タスクの見える化やノー残業デイ、会議短縮化(タイマー、ピンポンボタン)等々色々な取組を試してみますが…

どれもうまくいかない。。

ワークとライフのバランスを取るのではなくワークかライフかのどちらかに重点を置いた状態になっていってしまいました。
それでも試行錯誤を繰り返して約2年半やっと自社にあった取組を見つける事ができました。

現在は、
「私用スケジュール公開」「週1回おやつタイム」「在宅勤務導入」「有給休暇取得率目標70%」「ランチMTG」「フレックスタイム」
等を継続して行い、今では社員全員がワークとライフのバランスをうまく取れているのではないかと思っています。

 

少し話が脱線してしまいましたが、
先日の台東区の表彰式では平成30年台東区より新たに認定を受けた企業が7社、更新で認定を受けた企業が弊社含め4社でした。
認定企業の数を見てもWLBが既に当たり前の世の中になってきたんだな~という印象を受けました。

表彰式後には認定企業の皆さんとお話しする時間がありました。
私自身が感じたのは、子育て支援や働きやすい職場づくりについての取組は行いやすいようでそれぞれ色々な取組をしているようでしたが介護となると…まだ直面していないという事もあり、どのような取組をしていったらいいのか分からない。
と不安に思っている方もたくさんいらっしゃいました。

私たちもまだ介護という介護に直面した社員がいなく漠然としていますが、いざという時に慌てないためにも
色々な情報は集めておこうと思っています。

WYRDにとっても今後の大介護時代は大きな課題です。

 

ウィルド社員ブログ「うぃるどん ぶろぐだどん」開設!

ウィルド代表の大越です。

このたび、ウィルド社員ブログをスタートすることとなりました!

ブログタイトルは「うぃるどん ぶろぐだどん」
社員全員から公募し、社員全員で投票して決まったタイトルです^^

ウィルドの多様で個性ある尖ったメンバーが技術ネタはもちろん、自身の得意とする分野や拘りの記事を配信していきたいと思います。

 

記念すべき第1回の投稿は私からウィルドについての紹介を少し。

景気のよかった2006年に設立するも、いきなり2008年にリーマンショックを喰らい倒産寸前の大ピンチ!
技術者派遣業では今後生き残れないと考え、少数精鋭の技術者集団を目指しゼロから立て直しました。
長期的な教育でコツコツ技術力を蓄えて今年で12期目を迎えております。

5年ほど前からRubyでの開発に注力し始め、今では「東京でRubyの開発をお願いできる会社」として知名度もあがり、様々な方面からお声掛け頂ける会社にまで成長しました。

最近ではスタートアップベンチャー企業様向けに技術顧問、上場支援、開発支援として関与したり、
中小企業様向けに売上利益拡大のコンサルティング、Webシステムの導入、
クライアント企業様の開発部隊の技術教育支援と幅広く関与させて頂いております。

 

クライアント様よりよく言われるのは「そんなことよく知ってるね!」
技術的な知見はシステム開発会社として当然ですが、専門業務や雑学的なところまで知見があり驚かれたりします。

ウィルドの「売り」は何といってもメンバーが多種多様であること。
経歴も違ければ、趣味も違う、生きてきた環境も違うので、経験も様々。

一見どこが「売り」なんだと思われるかもしれませんが、個々に得意分野が違うので、様々な業種の方から相談を頂いても誰か1人は得意なメンバーがいます!

適材適所で得意な人間を割り当て、クライアントへの最大パフォーマンスを出していく、それがウィルドスタイルです。

そんなウィルドメンバーの得意分野や拘りをこれから定期的に配信していきますので宜しくお願いします。

ウィルドの多様で個性のある尖ったメンバはこちら

メンバー紹介