台東区ワーク・ライフ・バランス推進企業に認定して頂きました!

 

先日、台東区より
「平成30年度台東区ワーク・ライフ・バランス推進企業」に認定して頂きました!
WYRDは平成28年度にも表彰して頂きましたので今回で2回目の認定となります。

認定分野は「子育て支援/働きやすい職場づくり」の2つです。

 

 

ブログでは、WLB(ワーク・ライフ・バランス)について書かせて頂くのは初めてなので
WYRDのWLBについてほんの少し紹介させて頂きます。

WYRDが取り組みを始めたのは2011年。
社長がWLBについての講演を聞いてきてグっ!!!ときたのがきっかけです。
その翌日に全社員宛にメールで””WLBという文字が入ったメール””が届きました。
今から7年前なのでまだWLBという言葉さえ聞いた事がない社員がほとんどでしたので全員が
「何を言っているんだろう?WLBって何??」というような空気でした。。

手始めに、タスクの見える化やノー残業デイ、会議短縮化(タイマー、ピンポンボタン)等々色々な取組を試してみますが…

どれもうまくいかない。。

ワークとライフのバランスを取るのではなくワークかライフかのどちらかに重点を置いた状態になっていってしまいました。
それでも試行錯誤を繰り返して約2年半やっと自社にあった取組を見つける事ができました。

現在は、
「私用スケジュール公開」「週1回おやつタイム」「在宅勤務導入」「有給休暇取得率目標70%」「ランチMTG」「フレックスタイム」
等を継続して行い、今では社員全員がワークとライフのバランスをうまく取れているのではないかと思っています。

 

少し話が脱線してしまいましたが、
先日の台東区の表彰式では平成30年台東区より新たに認定を受けた企業が7社、更新で認定を受けた企業が弊社含め4社でした。
認定企業の数を見てもWLBが既に当たり前の世の中になってきたんだな~という印象を受けました。

表彰式後には認定企業の皆さんとお話しする時間がありました。
私自身が感じたのは、子育て支援や働きやすい職場づくりについての取組は行いやすいようでそれぞれ色々な取組をしているようでしたが介護となると…まだ直面していないという事もあり、どのような取組をしていったらいいのか分からない。
と不安に思っている方もたくさんいらっしゃいました。

私たちもまだ介護という介護に直面した社員がいなく漠然としていますが、いざという時に慌てないためにも
色々な情報は集めておこうと思っています。

WYRDにとっても今後の大介護時代は大きな課題です。

 

田んぼIoT in 2018 その1

今年もあっという間に年の瀬ですね。
毎年、一年が短くなっていくのを感じて戦慄している豊田です。こんにちわ。

前回の記事にもあります通り、11月1, 2日、島根県松江市で開催されたRubyWorld Conference 2018に参加してきました。

Matzと弊社メンバーの会話を微笑ましく見守る私

 

本イベントGOLDスポンサーの弊社展示スペースには、田んbot(mruby/c ver.)を展示しました。

今年のRubyWorld Conference(特に2日目)のプログラムにはIoT関連のお話が多かったことからも、ここ数年のIoT分野の盛り上がりを感じます。

弊社も遅ればせながらこの流れに乗るべく、社内にIoT部を設立し活動してきました。
今回はこの一年の取り組みを振り返りたいと思います。

話が長くなるので三回くらい(もっと増えるかも?)に分けて書こうと思います。今回はその第一回。

 

# IoT部設立と目標設定
IoT部の設立は今年の年明け頃です。

IoTでなにかやろうぜ!ってことでとりあえず設立。(超簡単!)

株式会社ウィルドでは、蔵出し米.comというECサイトを運営していて、ここで販売しているお米の生産農家さんの田植え、稲刈りを毎年お手伝いしています。

そんな裏事情も手伝って、当面の活動目標は田んぼ(田植え〜稲刈りまでの期間)の状態(気温等)を監視するになりました

ちなみに正式な部員は私一人です。

 

# 課題と機器の選定
「とりあえずやってみよう精神」で始まったIoT部。

オブザーバー的な立場の弊社CTOも特段その分野に長けているわけではなく「全員が手探り」という状況からのスタートでした。

 

目標の達成にむけて、いろいろ調べた結果大きく3つの課題が見つかりました。

  • 田んぼの状態を監視するので、屋外での稼働が可能であること
    • 防水対策必須
  • 長期稼働(田植え〜稲刈り)が可能であること
    • 電源問題
    • 装置側の省電力化
  • 計測したデータは遠隔からも閲覧(場合によってはメール通知)可能であること
    • 計測データのプッシュ送信

 

温度が計測できることは大前提ですが、それに加えてデバイスの選定に大きく影響があったのが「計測データのプッシュ送信」

屋外稼働で設置場所も決まっていないのでWi-Fi利用は期待できません。当然ながら携帯電話用通信回線を利用した通信に行き着きました。

田植えまで時間があまりなかったことや、IoTのノウハウがない状態での取り組みでしたので、その他ハードウェア/ソフトウェアの実装の容易さ、IoTに特価したSIMが利用可能といったプロトタイプを作るハードルの低さも加味しつつ検討した結果、株式会社ソラコムさんの「Wio LTE JP Version」を利用することに決まりました。

Wio LTE JP Version

 

今回作るシステムの全体像はこんな感じ。

 

と、書き始めると全然終わりが見えませんが、結構長くなってきたので今回はこの辺にしておきたいと思います。

さてさて、IoTのIもわかっていないメンバーで、本当にここまでたどり着くことができるんでしょうか。

次回の記事もご期待ください。

WYRDの Ruby World Conference 2018 レポート

Ruby World Conference 、、、この言葉からどんなものをイメージしますか?

 

Ruby?宝石の展示会??」→ Ruby World Conference 2018 をまずはご覧いただいてから本記事に進んでください

 

「Rubyのイベント!新しい情報を手に入れるぞ」→ Ruby World Conference 2018プログラム このようなプログラムで素晴らしいお話がたくさんありました。本記事では会場の雰囲気などをお楽しみください

 

「今年もRWCの季節か、1年が早いなぁ」→ どうぞそのままお進みください

 

年に1度のビッグイベント、RubyWorld Conferenceが今年も島根県松江市のくにびきメッセで開催されました

Goldスポンサーとなっている我々、株式会社ウィルドもin島根でございます

サービスのパンフレットやグッズ的なのはありませんが、山形で活躍した田んぼIoTキット(mruby/c)を展示!

(田んぼIoTについてはきっと別の記事で語られる、、、かもしれない)

会場の温度を一定間隔でサーバーへ送り、タブレットのブラウザでグラフを表示するというパンフレットやグッズが並ぶテーブルで異彩を放つ田んぼIoTキット!!

会場の1Fではスポンサー企業が並ぶパネルを発見!どれどれ、、、

10回目を迎えた記念すべきRubyWorld Conferenceのパネル(ほぼ)中央にWYRDのロゴを発見!

ありました!うん、これはもうセンターと言っても過言ではないんじゃないかな?

オープニングに備える手前の2人組(この後、田んぼIoTに突然のエラー、その場で修正対応という流れ)

 

初日、2日目とRubyの今後や様々な分野での利用ケースなど、多彩なテーマの講演を聴いていると新しい刺激や発見が多くて次のプロジェクトへの意欲が湧いてくる感じです。やっぱりRuby業界は面白いなぁ、、、

という関心と感動に浸るのもつかの間、抱えてるプロジェクトにより「仕事」という現実がやってくるのも様式美

今回はmruby/cに関するテーマが2日目に多くあって、田んぼIoTを製作したT氏は次なるステージに向けて良い刺激になったんだろうと(たぶん)思います。

ボクはngx_mrubyに関する講演で「リクエストに合わせてmrubyが動いてごにょごにょできるとかたまらんぜ、グフフ」という感じでした。

そして初日最後のレセプションではまつもとさんと弊社メンバー(とRuby Associationの杉原さん)とのスペシャルショットが実現!

このポーズはサムズアップであり次はきっと上位のスポンs、、、げふげふというサインらしい

まつもとさんとS氏(ディレクター兼ansible使い)という珍しいツーショット。楽しそうに会話してるが、、、

他メンバー:(あいつ、Rubyほとんど分かんないのに、、、まつもとさんと会話できるのか??)

 

「M5Stack楽しいっすよね」

「でっかいスマートウォッチ作った人いたよね」

 

一同:そっちかよwwww

そんな和やかなエピソードもありつつ、たくさんの方々と繋がることができたRuby World Conference 2018。

今年もあっという間に2日が過ぎたなぁと感慨に胸を熱くしつつ最後のクロージングに向かった我々

 

 

スクリーンに輝く「株式会社WYRD」の文字!

ご紹介ありがとうございます!これからも頑張ります!!

 

というわけでダイジェストでお送りした「WYRDの Ruby World Conference 2018 レポート」でした!(どういうワケだってば)

 

おまけ

 

空いてる時間はとにかく食べてました(昼食:そば 夕食:ラーメンのヘビーローテーション)

だって美味しいんだもん!

カテゴリー: Ruby